工事現場から BLOG

地鎮祭19/10/10

2019/10/10

快晴の日の地鎮祭
工事の安全と施主さまの弥栄を祈願しました。

工事現場から

2019/09/10

久し振りの更新になりますが
工事現場は着々と進んでおります。
外部は塗り壁の下地が終わっております。
上棟してから雨の日が多く、外仕事の進みがなかなかでした。

上棟19/6/23

2019/06/24

上棟しました。
3日以上の晴れの日をねらって、やっとやっと上棟しました。

2019/06/13

来週上棟予定している住宅の木材加工が仕上げに入っています。
仕上げ面を手鉋をかけて欲しいという要望に応えて
ベテラン大工が数種類の鉋で仕上げてくれました。
いろんな種類の電動工具があるためか?
若い大工たちは鉋がうまく使えません。
鉋ぐらいはひけるようになってほしい。
良い道具を揃えて欲しいが
“高い道具でも手入れをしないとダメ”と先輩たちは言ってました。
いつの日か、ベテラン大工のように軽やかに鉋をひいてほしい

工事現場

2019/05/23

今日はリフォーム、新築、これから始める現場とまわりました。
もうすぐ完成予定。

水盛り遣り方19/4/27

2019/04/27



家づくりで、1番はじめにやる工事です。
これをやらないと工事がはじめられない、1番重要な工事です。
この遣り方が、建築物の実際の位置・高さ・水平などを決めます。
社長、担当大工でチェックをしながら半日かけて
施工を行ないました。

地鎮祭19/4/21

2019/04/21

快晴の日の地鎮祭
工事の安全と施主さまの弥栄を祈願しました。

階段づくり

2019/04/06

階段づくりは神経使うところです。
側板に墨付けして、刻んでやっと取り付けたところ
大工のTさんと話していて“階段がつくれないと大工じゃないやろ”と言っていました。
はたしてそうだろか?
昨今はプレカットできて、組み立てるだけになっているのでは?
つくれない人いるかもしれないと、頭をよぎってしまいました。
一昔前の住宅は階段の勾配がきつく、踏面が狭いところ多いですが
いま作っている階段は蹴上、踏面ともゆっくりある、ゆるやかな階段です。


 

リフォーム

2019/02/28

リフォーム工事の手直しも完了してお引渡し
傷んでいるところの修繕と玄関部分のリフォーム
思っていたよりも傷んでいて工期がかかってしまいました

上棟19/1/19

2019/01/21




木材の伐採、葉枯らし、玉切り、製材、自然乾燥と
当社の設計図、木材調書がないと進められないところから
関わらせていただいた木の家がやっと上棟しました。
建て主さんの父母様が60年前に孫、子の代で使えたらいいねと言って植林して
世話をせれてきた杉を使っての家づくり、
葉枯らし、自然乾燥された木材は色がきれいです。
大黒柱も素晴らしく、赤身が美しい
木を伐採された高齢の山師さんの豊富な経験、製材所さんの技術力、大工の木使いが相まって
無事上棟することができました。
木材の材積が多く、建て方に何日もかかってしまって大工が疲れ果てていましたが
無事に上棟することが出来てホットしております。